子どもが勝手に勉強するために

2018年2月2日|カテゴリー「塾長コラム
子どものやる気を引き出すには

子どもも大人も変わることはありません。
やる気、モチベーションを高めるにはいくつかの要素とステップがあります。

本日はその土台となることについてお話します。

それは明確な「目的」です。
「目的」とは何か。
簡単に言えば、イメージです。
将来どんな人間になりたいのか、何を大切に生きていきたいのか。
具体的な職業という夢ではなく、どんな大人になりたいか、どんな人間でありたいか
ということです。

しかし、子どもに限らず約8割の人はこの目的が明確ではありません。
目標を設定することはあるかもしれません。
大切なのは、目標の手前、明確な「目的」の設定なのです。

「人生の目的」を子どもたちに明確に見つけてもらいます。
ある人は言います。子どもに「人生の目的」なんて壮大なテーマは早すぎると。
では問います。いつなら早くないのでしょうか?
そもそも約8割が無目的なのです。
あなたはどうでしょうか?

自分が求めているもの
本当に大切にしたいもの
何のために生きているのか
が明確でしょうか?

大切なものを大切にする
大切なことを大切にする
大切なひとを大切にする生き方ができていますか?

目的の明確なくして、やる気、モチベーションを高めることは難しいです。

岡部式教育では、子どもたち目的を明確にしていきます。
そして、その目的を果たすために勉強しなければならないと気づいた子どもは
したいしたくないではなく、できるできないではなく
「やる!」となるのです。